カラコンを使用する場合は必ず眼科の診察を定期的に受けること

最近若い人たちの中でカラコンが流行っています。目を大きく見せる効果があったり、目の色を自由に変えることができるのでおしゃれを楽しむことができるからです。
しかしカラコンをつけて楽しむ若者が増えてきている一方で、それに関するトラブルも増加しているというのも現実です。カラコンをつけたことが原因で眠障害起こして眼科を受診される人が非常に増えてきているのです。おそらくコンタクトレンズと同じ様に考えて安心安全だと思い込み装着して使い続けた結果、酸素透過性がコンタクトレンズと比べると非常に悪いために目に負担をかけ目に障害を起こすのです。
ほとんどのカラーコンタクトが外国製であり、それは韓国や台湾など作られているものであるので日本製と比べると粗悪なものが多いのです。それがカラコンによる障害の原因の1つとなっているのです。
目が充血し目やにが出たり痛みを伴い涙が出る、これらの症状だったらまだ良いのですが、角膜に重度の障害を引き起こすこともあるのです。
中には長時間使用し続けたために目に重大な障害を起こして失明してしまったケースもあるのです。
激安だからといって安易に飛びつくのは危険です。定期的に眼科に行き診察を受けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>